ボトックス副作用を防ぐためのコツ【熟練ドクターを選ぼう】

ボトックス副作用を防ぐためのコツ【熟練ドクターを選ぼう】

シワを改善するなら

女医

ドクター選びが大切な理由

笑った時など、ちょっと表情を作っただけで刻まれてしまう表情ジワは、ボトックス注射で治療できます。ただし表情筋の動きを止め過ぎてしまうと、表情が硬くなる場合もあるのですが、このボトックス副作用は腕の良いドクターに治療してもらえば防げます。ですので表情ジワのボトックス治療を受けるなら、豊富な施術経験を持つ医師に依頼しましょう。そのほか、今ではマイクロボトックス治療もありますから、シワを改善するなら知っておきたい施術です。この治療は一般的なボトックス注入より薄い濃度となっており、肌の表面付近に少量ずつ、必要な範囲に注射します。注入されたボトックスが皮膚に張りを与えるのもメリットで、それによってシワを作りにくくするのです。また、皮膚の奥まで注射針を刺しませんから、表情筋に作用することもなく、表情がこわばるといったボトックス副作用が生じないのも魅力になります。表情筋にはノータッチのため、シワの発生を完全に封じる治療ではないのですが、普通の表情をしている際は、張りが出ていることから小ジワを消せるのが利点です。目の回りに注射しても、マイクロボトックスなら目が重くなるという副作用もありませんので、覚えておくと良い美容整形治療になっています。ハイレベルな技術を持つ医師に治療してもらえば、ボトックス副作用を抑えられる理由ですが、それは副作用の大半が、医師に由来するケースも多いからです。例えば、シワの改善治療で表情が硬くなるのは、注入するボトックスが多過ぎた場合に起こりやすくなります。表情筋の状態は人によって違いますから、それぞれの人に合った注入量を注射しなければなりません。さらに、表情筋の位置や構成など、解剖学的な知識もフル活用する必要があるため、熟練ドクターを選べばボトックス副作用が減らせる訳です。また、医師の在籍数が多い美容整形外科でも、指名料などを払えば医院長に施術してもらえる場合があります。これはボトックス副作用を防ぐための豆知識でもあるので、治療先を探す時はチェックしてみると良いかもしれません。そして、ボトックスは温度が上がると品質が低下する特性を持っているため、工場出荷からクリニックでの保管に至るまで、常に厳正な温度管理が必要なのです。もしも30度の暗所で3週間保存した場合、その成分含量はおよそ54%まで下がることが、安定性のテストで分かっています。そのためボトックス副作用を予防し、効果的な治療を希望する時は、品質管理が行き届いたクリニックを選ぶことも外せない豆知識なのです。

看護師

整形は友好関係をもたらす

ボトックスを受けると、人間関係進展の発端になってくれます。受ける場合は、悪影響も教えてくれる誠実なクリニックを選ぶのが重要です。ボトックス副作用のことはかなり大事です。高額出費の原因になる交通費のことも考え、近場のクリニックを選びましょう。

注射

治療目的と違う作用に注意

気を付けるべきボトックス副作用は、内出血や注射針を刺す時の痛み、そしてふくらはぎに注入した時の歩行に関する違和感などです。痛みを回避するなら麻酔クリームや笑気ガスが効果的で、また、内出血を防ぐなら細い注射針を選択し、注意事項を守りましょう。

男性医師

ボトックス注射の副作用

ボトックス副作用は大きく頭痛・見た目の変化・アレルギーと3つに分類することができ、特に顔に施すときに影響を及ぼす可能性が高まります。それを未然に防ぐには、医師の指導をきちんと守ることが大切となります。

女医

副作用の小さいボトックス

美容整形で受けられるボトックスの施術は安全性が高く、体に負担がかからないので評価されています。ボトックス副作用は体質に合わない場合や、過剰に注入をしたケースでない限りは基本的にはなく安心して利用できます。